FC2ブログ

月蝕圏 <Lunatic Eclipse>  

-闇が光を支配する、日常の裏に潜むひそやかな楽園へ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HN

38


玄月

<ながつき>と読むと、九月の異名

<げんげつ>と読むと新月のこと

月がすこしずつ欠け、やがて新月となって
漆黒の夜に鎔けてしまったときの
ほんの僅かに赤みを帯びた闇の色・・・それが「玄」

闇の中に仄かに息づく微かな赤
そんな密やかなイメージに惹かれて選んだHNです

*ちなみに<げんつき>と読むと何だか50ccっぽい(笑
  1. 2007/05/30(水) 22:54:19|
  2. 未分類

小妻要


SMアートの大御所に小妻要というアーティストがいる

日本のSM雑誌黎明期に数多くのSMイラストを描いた画家だ

昔の雑誌では小妻要子と女性名を名乗っていたこともあるが
日本画の素養を活かした彼の筆致は流麗で繊細だったから
女性の作品と言われても不思議ではなかった

刺青の美女を緊縛した和風の傑作イラストも多いが、
精緻な点描画法で描いた洋風のSMイラストなども数多く描いている

和風・洋風、どちらの小妻要も大好きである。

小妻要の絵に登場する女性たちは、
縛られ、責められ、息も絶え絶えになりながらも
ちょっと困ったような切なげな表情を浮かべている

苦悶しながら、被虐に陶酔しているようにも見える
自分の醸し出す壮絶な「美」を誇っているようにも見える

SMを知り始めたばかりの私はそんな表情に魅了された

私の被虐美・緊縛美追求の原点がそこにある

  1. 2007/05/28(月) 23:33:51|
  2. 未分類

パートナー


S男性は調教したM女性の数を誇ったりする
オトコはどうしても数で誇示したがるものだ

私は、というと、経験年数が長いわりに
お相手の女性の数は少ないかも知れない

ひとりの女性とゆっくり長くお付き合いするのが
私の好みだからだ

過去のパートナーはすべて素晴らしい女性だった
今思い出すのも良い思い出ばかりだ


・・・また素敵な女性と出逢えますように・・・
  1. 2007/05/28(月) 04:08:40|
  2. 未分類

SとMの謎

ある著名な緊縛師は
「良い縛り手はSであるとともにMでもある」といった

M経験があると良いSになれるともいわれる

この世界にはSとMの2つの性質をあわせ持つ人も多い
多分、すべての人がこの両性を潜在させているのだと思う
その発現のしかたが違うだけで・・・

ええと、私は
いまのところMに目覚める気配はないんですけれど(笑
  1. 2007/05/26(土) 22:01:23|
  2. 未分類

ソフト?ハード? その2

私は「苦痛系」だが、全然厳しくないSだ

鞭も使うし、クリップ責めも大好きだけれど、
基本的に相手が本当に嫌なことはしない

口調も別に命令形ではなく
「***してごらん」
「***できるだろう?」
「ほら、もっと***して」だし、
kissしたり抱き締めたりするのも大好きだ

厳しく支配して欲しいM女さんや
精神的に追い詰められたいM女さんにとっては
ダメダメなSかも知れない

これからは「苦痛系・猫可愛がり派のS」と名乗るべきか(笑
  1. 2007/05/25(金) 23:46:38|
  2. 未分類

縄酔い


縄酔い、という言葉がある

文字通り、緊縛され縄目を受けながら
陶酔感に浸ってしまうことを指す

腰が抜ける、というM女さんもいた

強く縛られていると安心できる、という女性もいた

「鞭はkiss、縄は抱擁」
なんて言葉も思い出した

激しいkissを浴びせ、ぎゅうっと抱擁したいものです
  1. 2007/05/25(金) 00:16:51|
  2. 未分類

夢の痕跡


縄の痕が残ることがある。

もちろんほとんどは何時間かで消えてしまうが
特に力のかかった処などの痕が次の日にも残っていることがある。
(もちろんヒルドイドなどは常備しているけれど)

そういうときM女さんは「嬉しい」と言う
「もっとながく残っていて欲しい」と、
だんだんと薄れていく縄痕を惜しむのである。

私はそういう風に想ってくれる女性を愛しいと思う
  1. 2007/05/23(水) 00:20:23|
  2. 未分類

麻縄

麻縄が好きです

伸縮が少なく安全性が高いことも重要ですが、
何より醸し出す雰囲気が良いです

綿ロープやクレモナも使ってきましたが
今は生成りの麻縄オンリー

荒縄やシュロ縄も野蛮で良さそうだけれど
実は使ったことないんです
ちくちくして痛そうだし(笑
  1. 2007/05/22(火) 00:48:08|
  2. 未分類

一頭飼い

SMでは

一頭飼い=同時に持つパートナーは1人だけ
多頭飼い=同時に複数のパートナーを持つ

なんていう言葉があったりする。
(ちょっとペット系・家畜系SMっぽい)

私は1人の相手とじっくりお付き合いするタイプだが
知り合いには多頭飼い(複数系とも)のSもいた

無茶苦茶にマメなSだったなあ
私には到底真似できそうもない

パートナーがたくさんいるハーレム状態、
というのはオトコの夢だけれど
私には、1人のお相手と悦びを分かち合う方があっている




  1. 2007/05/20(日) 22:07:49|
  2. 未分類

拷問幻想

幼少より映画や小説の拷問シーンに親しんできた
洋風のものもあったし和風のものもあった

 ・・・古城の地下牢に浮かび上がる囚われた娘の白い裸身・・・

 ・・・王位簒奪者によって拷問台に乗せられる王族の姫・・・

 ・・・秘密警察に捕らわれ過酷な尋問を受ける抵抗組織の女・・・

 ・・・薄暗い拷問倉の中で三角木馬に乗せられたくのいち・・・

そうした女性たちの悲劇性と鮮烈なエロティシズムは
今でも私を魅了し続けている

*もちろん、実際のプレイでは「そんなに」非道いことはしません(笑
  1. 2007/05/20(日) 21:51:55|
  2. 未分類

覚醒

なんでSMに興味を持ったか?
と訊かれると困る

私にとってSMは根源的なものだからだ

小学校低学年の頃から
すでに映画やTVで女性が悪党に捕まって
縛られるシーンにドキドキしていた

その頃、ナワトビの縄で妹を縛って
初緊縛プレイも果たしている(笑

性の目覚めのずっと前に、SMに目覚めてしまっていた

このドキドキは自分だけなのかと思っていたので
小学校高学年になって「SM」という世界があることを知って
とても嬉しかった記憶がある

他の人はどうなんだろう??
  1. 2007/05/19(土) 21:11:59|
  2. 未分類

解放

m6


私論であるが

一部の女性には「SEXを愉しむ」ことに対する
強力な自制が働いているのではないか

特に「良い子」として育った女性に顕著だと思う
自分では気が付いていないことも多い

「良い子」はハシタナイことはしてはいけない
「良い子」は淫らなこと、ふしだらなことはしてはいけない
「良い子」でなくなったらもう自分の居場所はなくなる

「良い子」だった女性はこの強力な呪縛により
性を愉しむことに対し、無意識にブレーキをかけてしまう
だからオーガズムを経験したことのない女性も多い

しかし、Sに縛られてしまった場合はどうだろう
抵抗できないように縛り上げられ、責められ、命令され、
無理やり快感を与えられたとしたら・・・
従うしかない
もうその快楽に身を委ねるしかないではないか

自分のせいではないから罪悪感を感じることはない
これは全部Sのせいなのだ 
私が快感を感じるのは私のせいじゃない

そして女性はようやく見えない呪縛から解放され
自由になれる
  1. 2007/05/19(土) 14:17:25|
  2. 未分類

多面性

人間にはいろいろな側面がある

私だって、
いつもSモードではいられない

いやむしろ、Sモード以外の時との
ギャップが良いのだ、と言い張ってみる(笑

それまで優しげに笑っていた目が、
ぎらりと冷たいSの目になったりしてね

ちなみに、普段の私はかなり温和な人間だ(と思う)
かなりユーモアたっぷりのキャラクターだ

そのギャップの大きさにはかなり自信がある
  1. 2007/05/18(金) 23:01:45|
  2. 未分類

月を意味するLunaはラテン語で
ローマ神話では月の女神をさし、錬金術では銀を示す

ところがLunaticとなると
「常軌を逸した」「狂気の」の意味になる

古来より、月の妖しい光は人を狂気に導くとされたからだ
月の光は、偽りの常識や道徳や意識を剥ぎ取ってしまう

人を暴いてしまう美しき天体・・・
そんな月に魅せられている
  1. 2007/05/18(金) 22:05:56|
  2. 未分類

緊縛修行

緊縛の基本は昔プロのM女さんから教わった

世話好きなM女さんだったので、
本当の基本から実地教習してくれた

縛られ役は私

自分が縄で縛られることで、その危険性や
注意すべきポイントなどを「カラダで」覚えた

基本さえ分かれば、あとはイマジネーションの世界だ
本格的な緊縛愛好家の方から見れば、所詮アマチュアな
緊縛でしかないけれど、
自分なりに納得のできる緊縛を追い求めてきた

結局分かったのは、縄は「生きている」ということ。
今日はこういう風に縛ろうと思っていても
相手の女性のこころの動きや反応、その場の雰囲気によって
縛り方はどんどん変わっていく

必要なのは感受性と美意識と瞬発力
もちろん相手の女性への「想い」も

緊縛美追求の道はまだまだ険しい
  1. 2007/05/18(金) 18:59:57|
  2. 未分類

ソフト?ハード?

鞭も使う、というと
「ハードなんですねえ」といわれることがある

まあ、言葉責めオンリーの羞恥系プレイなどに
比べると、確かにハードかも知れない

でも本当のハード系の人から見れば
「ソフトなんですねえ」といわれそうだ

お相手の嗜好によっても
微妙に変わる気もするんだけれど








  1. 2007/05/15(火) 01:32:14|
  2. 未分類

さまざまな嗜好

07


SM愛好家には実にさまざまな嗜好があるが
私のNGは露出系とスカトロ系である

その方面の愛好家の方には誠に申し訳ないのだが
こればっかりは仕方がない

野外で、というのも経験したのだが
どうにも落ち着かない
つくづくインドアなSのようである

秘めやかな場所で、フツウに縛ったり、手枷で拘束したり
ちょっと鞭で叩いたり、じっくり可愛がったりする・・・
というのがやはり好きなのである




  1. 2007/05/15(火) 01:07:08|
  2. 未分類

主従

十人十色、SMに正統無し、
であるからどのような主従関係も成立する

私は主従の関係とは
まったく同列の力関係だと思う

お互いがお互いを認め合い
満たし合い、同じ秘密を共有する

互いに必要不可欠な関係なのだと思う
  1. 2007/05/14(月) 23:14:42|
  2. 未分類

被虐美

女性の被虐美に強く惹かれ続けてきた

縛られ、拘束され、自由を奪われた女性の
眩いばかりの美しさよ!

祭壇に捧げられた異教の神々への生贄か

その完全なる美を、思いのままに
虐め、苛み、喘がせ、悶えさせる

悪逆の王による拷責は果てしない

しかし、その苦痛の中にあって女性は
さらに輝くばかりの美に包まれるのである

  1. 2007/05/14(月) 23:09:46|
  2. 未分類

blogスタート

非日常の世界を放浪するブログを始めました。
今までの旅の軌跡なども交えながら
日々の想いをのんびりと綴っていければと思います。

どうぞよろしく
  1. 2007/05/14(月) 23:04:54|
  2. 未分類

プロフィール

玄月

Author:玄月
神奈川在住、56歳S♂ ×1
リアル歴20年以上


麻縄緊縛・拘束・鞭・クリップ責め、
女性を意地悪に可愛がることが好き


メール:
thelunaticeclipse@gmail.com
「玄月」でmixi/sniperもやってます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。