FC2ブログ

月蝕圏 <Lunatic Eclipse>  

-闇が光を支配する、日常の裏に潜むひそやかな楽園へ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麻縄 その2

麻縄には特有の匂いがある

処理の仕方によっても匂いは変わる

本当に縄を大切にしている人は
大鍋で煮てから陰干しし、ケバを火で炙り
馬油などを使って手入れしている。

私はそこまで丁寧には手は掛けないけれど
女性に気持ちよく縛られて欲しい
という気配りだけは忘れないようにしている。

隠微な雰囲気・・・、でも清潔に!
  1. 2007/06/23(土) 19:03:51|
  2. 未分類

蝋燭

蝋燭プレイ・・・SMの定番だ。

私も低温蝋燭、ちゃんと持っています。

でも蝋燭が好きなM女さんと
そんなに好きではないM女さんに分かれるようだ。

その日の気分や体調やバイオリズムによっても
気持ち良さは変わるらしい。

本当に気持ちの良いときの蝋燭は
暖かくてちょっと刺激的で癒されるらしい。
マッサージやリフレクソロジーのようなものか?

蝋燭だけで逝けちゃうというM女さんも!

後始末が大変なのが難点なんだよなあ(笑
  1. 2007/06/20(水) 00:21:24|
  2. 未分類

オーガズム

オトコなので女性のオーガズムに興味があります。

知り合いのM女さんは
 地平線の彼方からフカフカの白いウサギの大群が
 わーーーっと、津波のように押し寄せてきて
 その渦に巻き込まれて逝っちゃう!
と言っていました(笑

オトコと違って女性のオーガズムは
ずいぶんと個人差もあるようですね。
イメージも多彩で面白そう。

貴女のオーガズムはどんなですか?(笑
  1. 2007/06/17(日) 22:57:25|
  2. 未分類

虐めっ子

虐めっ子がSになるのかというと
そうでもない。

私はおとなしくて内向的だったので
むしろ虐められっ子に近い。

むっつりスケベタイプ(笑

幼少よりS性を隠し持っていたから
健康的なSEXには食指が動かない(笑
隠微で背徳的なSMの美に惹かれてしまう。

内向的な分、S性をこころの内側だけで滾らせ
熟成してしまったのかも知れない(笑

たっぷり寝かせた分、濃い目に仕上がってます!(笑
  1. 2007/06/16(土) 23:10:32|
  2. 未分類

覚醒

「女のひとを縛りたい」という欲望が芽生えたとき
幼心ながら「これは非道いことなんだ」と思った。

他人に知られてはいけないこと・・・
知られたら後ろ指を差される悪い心・・・

だからずっと胸の奥に隠し続けてきた。

そしてオトナになったある日、M女性に出逢った。
彼女は私が奥に隠してきたものを
とても大切で素敵なものだと言う。

他人から忌み嫌われるはずの暗闇の部分を
彼女はとても魅力的だと言う・・・

リアルSとして覚醒した瞬間。
  1. 2007/06/15(金) 01:32:38|
  2. 未分類

乙女の受難

Damsel in Distress という言葉がある。

「乙女の受難」とも訳されている。

つまりは映画やTVドラマ等でよく見る、
「誘拐、監禁され身動きできないように縛られた
ヒロインのピンチシーン」のことだ。

海外ではDIDと略されるくらいポピュラーなジャンル。

こういうシーンを見た子どもたちが
やがてSMに目覚めちゃうんだぞ(笑
  1. 2007/06/13(水) 23:09:21|
  2. 未分類

Sの矜持

49


SMには危険が伴う。

吊っていた縄が突然切れたら、
Mが大怪我をしてしまう可能性もある。
長時間の緊縛で血行が阻害され神経が圧迫されて、
障害が残ってしまうかも知れない。
蝋燭の蝋涙が眼に入ったら失明する可能性だってある。

Sは常に気を配り、Mの安全を最優先に考えねばならない。
そして、もし万が一何かあった場合には
その責任のすべてを負う覚悟が必要なのだと思う。

Sはたいへんだ(笑
でも、やめられないんだなあ(笑
  1. 2007/06/10(日) 21:52:18|
  2. 未分類

被虐美

縛られ、責められる女性は本当に美しいと思う。

「美」なんて個人的な感覚だから
人によっても違うだろう。

少なくとも私にとっての「美」を求めたいと思う。

アクロバティックな縛りも良いが
女性の美を際立たせるシンプルな縛りが好きだ。

吊られた女性が描き出す優美なカラダのライン・・・
緊縛され無残に絞り出された胸の震える尖端・・・
獣のように鞭で打たれ赤い痕を記された白い肌・・・

ただ、羞恥に染まりながらじっと堪えている、なんて
それだけでたまらなく煽情的だ。

逆に、女性を汚す系のSMは苦手かもしれない。
(その方面の嗜好の方には申し訳ない)

保守的・古典的なSなのである。
  1. 2007/06/09(土) 00:08:09|
  2. 未分類

じっくりたっぷり可愛がる

女性を可愛がるのが大好きだ

もちろん女性を責めるのも大好きだ

たっぷりと感じさせながら、
女性の繊細で敏感な部分を
優しく口に含み、舌で転がし、甘噛みし、
摘み上げ、捻り、嬲り続ける

ゆっくりゆっくりと責め苛む・・・
じっくりたっぷり可愛がる・・・

しだいに過激にしだいに過酷に・・・

やがて喘ぎ声と悲鳴が混じり合うまで
  1. 2007/06/06(水) 23:42:03|
  2. 未分類

SとMの謎 その2

Mはお得だ、とM女性から言われたことがある

Mはたくさん気持ち良くしてもらってお得だ、
それに比べてSは大変そうだ、と

確かに、さまざまな行為を受け止めるのだから
肉体的な刺激はMの方が強く受けるのかも知れない

一方、Sの方は精神的な快楽がメインだ
破壊
暴力
支配
征服
蹂躙
といった攻撃的な欲求が満たされる

弱肉強食の自然界において
誠に原始的で単純だ
単純な分、強い快楽であるとも言える

でも、Sは責めながらも、責められるMに自己を投影して
同時にM的な快感も味わっているのではないか、なんて話もある

Sが支配しているように見えるが
実はM女性がS男性に奉仕させている、なんて構図もあるだろう

どっちが得か?どっちがどっちを支配しているのか?

どっちでもいいや!(笑
二人が楽しく密やかな時間を共有できればそれで良いのだ!
  1. 2007/06/02(土) 22:39:43|
  2. 未分類

鞭にもいろいろな種類がある

普通使うのは九条鞭。
グリップの先から革の紐が九条伸びている。
キャットオブナインテイル(九尾猫)や
バラ鞭なんていう呼び方もする。
これは痛そうな音がするわりにはあんまり痛くない。
雰囲気重視の鞭だ。

ほかにも乗馬鞭や一本鞭など、
素材やデザインによって多種多様な鞭がある。

でも結局一番愛用しているのはソフトな九条鞭。
乗馬鞭と違ってカバンにも入れやすいしね(笑
  1. 2007/06/02(土) 00:05:19|
  2. 未分類

プロフィール

玄月

Author:玄月
神奈川在住、56歳S♂ ×1
リアル歴20年以上


麻縄緊縛・拘束・鞭・クリップ責め、
女性を意地悪に可愛がることが好き


メール:
thelunaticeclipse@gmail.com
「玄月」でmixi/sniperもやってます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。