FC2ブログ

月蝕圏 <Lunatic Eclipse>  

-闇が光を支配する、日常の裏に潜むひそやかな楽園へ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麻縄 その3

麻縄で緊縛したとき、
時折ギリリと縄が軋むことがある。

吊りに近い体勢で緊縛している時は特に。

この麻縄の軋む音が実に耳に心地良い。

女性の微かな喘ぎ声と相まって、
実に妖しく甘美な雰囲気を醸し出してくれます。

これも麻縄が好きな理由のひとつかも知れません。
  1. 2009/05/27(水) 00:52:39|
  2. 未分類

「身体も心もボクのもの~はじめてのSMガイド」

sl500

初心者向けSMハウツー本
「身体も心もボクのもの~はじめてのSMガイド」を読んでみた。

ゲーム・アニメ関連の書籍を多く手掛ける一迅社だけあって、
SMには興味があるけれど、本格的なSM入門書はちょっと怖い・・・
というヤングヲタク層向けのSMマニュアルになっている。

可愛いショートコミックを軸に、やはり可愛いイラストがふんだんに
盛り込まれ、
・SMプレイをさせてもらう説得の方法
・初心者に最適な器具と使い方
といったコラムから、縄の選び方、縛り方、自縛、女装、ピアスまで、
SMに関してのさまざまな情報が幅広く紹介されてている。

特記すべきは「SMの危険性・リスク」について
きちんと様々な項目で触れていることだ。
(「プレイの責任はSにあり」というコラムもある)
また女性側からの視点が盛り込まれているのも○。

あくまで広く情報を載せているため、
若干深みが足りない惜しさはあるのものの
初心者向けSMハウツー本としては十分評価できる。

秋葉原の書店でも評判らしい(笑
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50839654.html
  1. 2009/05/20(水) 23:27:38|
  2. 未分類

エロスとタナトス

116


Mの快楽はタナトス(=死へ向かう衝動)に支配されているという。

だが「死」の先にこそ新たな「再生」もある。

エロス(=生への衝動)とタナトスは表裏一体である。

  1. 2009/05/14(木) 16:59:48|
  2. 未分類

「縛師 -bakushi-」

「縛師 -bakushi-」をDVDで観た。

縄師・緊縛師たちを追ったドキュメンタリーである。

濡木痴夢男、雪村春樹、有末剛ら第一線のプロが
モデルを緊縛していく様子が描き出されている。

三人三様の雰囲気、縛り方が興味深かったが、
個人的に雪村春樹の緊縛に惹かれた。
時に抱きしめるように腕を回しながら女性を縛り上げる様は
実にねっとりとイヤらしくエロい!
こういうジジイにワタシはなりたい(笑

全体として、女性のうっとりとした陶酔の表情は○だが、
映画としては、踏み込みが足りなくて惜しい感じ。
縛る方、縛られる方の本音をもっと聞いてみたい。

音声が聞きとりにくい部分があったり、、
局部を隠した黒ワイプが雑でやや興ざめ。

監督は「ヴァイブレータ」の廣木隆一。


予告編はネットで見ることができます。
http://video.aol.jp/video-detail/-/3322211830/?icid=VIDURV08
  1. 2009/05/11(月) 23:32:06|
  2. 未分類

乳首を責める

女性の乳首を優しく虐めるのが好きです。

最初はそっと触れて、徐々に激しく愛撫・・・
kissしたり甘噛みしたりも好きだけれど、
やはりクリップで責めるのが好みです。

普段使うのは
・木製クリップ
・金属製cloverクランプ
・金属製ホフマンピンチコック
といったところ。

木製クリップは海外製の洗濯挟みです。
フツウのプラスチックの洗濯バサミは日常的すぎて
あまり私は使っていません。
生成りの麻縄に合うのはやはり木製クリップですね。

こうしたクリップたちが私の唇や指先のかわりになって
女性の乳首を休まずきゅっと摘まんでくれる訳です。
クリップで挟まれて敏感になった乳首を
さらに意地悪く弄ぶのも好きですね。

自分でクリップにいろいろな加工を施したりもします。
痛みに弱いM女さんの為にバネを弱めたり、
細めの銀の鎖で2つを繋げたり、
錘を下げるための金属フックを付けてみたり。

こうした自分なりの工夫もSの醍醐味かも知れません。
  1. 2009/05/08(金) 21:40:46|
  2. 未分類

女性を縛るのはとても愉しい

女性を縛ることは単純に愉しい。

縄で女性をもっと綺麗にしたい・・・
妖艶な美を引き出したい・・・

すべての女性は縛られると妖しく綺麗になります。
これは間違いない!

縛っているあいだも、縛り上がった姿を鑑賞するのも愉しいです。
もちろん縛り上げられた女性をさらに虐めるのも大好きです!

  1. 2009/05/06(水) 00:50:05|
  2. 未分類

緊縛考

なぜ日本で緊縛が発達したのか?
思考の断片をメモ書き。

もともと日本には「結び」の文化がある。
風呂敷しかり
注連縄しかり

もともと日本人は手先が器用。
凝った複雑な結び方も考案された。

そして江戸時代に捕縛術が発達した。
簡単に縄抜けできないような
複雑な縄掛けが考案された。
相手の身分によっても縄の掛け方を変えたという。
(この時代に亀甲縛りなども考案)

月岡芳年、伊藤晴雨らの無残絵・責め絵の系譜
美的観点からのアプローチ

SM雑誌黎明期
伊藤晴雨の弟子、美濃村晃の功績
緊縛師、濡木痴夢男の活躍

海外から
ハンス・ベルメールの球体関節人形と緊縛写真

メモランダム
自由を奪うこと、自由を奪われること
裸と、裸で緊縛されている状態の違い
縄という衣裳
縛られることで女性の各パーツの魅力が鮮やかに強調される

縛られる安心感=縄に抱擁される感覚
緊縛で解放される女性

・・・この項続きます
  1. 2009/05/06(水) 00:33:15|
  2. 未分類

幻想画家 中川彩子

SM雑誌黎明期にSM誌の表紙や挿絵で活躍した
絵師のひとりに中川彩子という画家がいる。

緻密で端正なその筆致に魅せられ、
必死で作品の載った雑誌を探したこともあった。

そして時が過ぎ、思わぬところで中川彩子の絵との再会を果たした。

P・K・ディックの文庫カバーアートとして。

実は中川彩子とはSMアート用の筆名で
本格的なシュールレアリズム画家、藤野一友がその正体だった。

三島由紀夫、澁澤龍彦も絶賛した幻想画家だったが、
生涯に一度も自分の作品を売らなかったという。

◎天使の緊縛
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309265804

その中川彩子の作品の一部が風俗博物館で公開される。
時間があえばぜひ実物を見てみたい。
  1. 2009/05/03(日) 01:30:20|
  2. 未分類

「SMと神」

tekase

フランス文学者鹿島茂はキリスト教の関わりから、SMを文明史的に考察している。

「SMは、キリスト教が絶対的なものでなくなったときに生まれた。」
「信者は自己処罰の果てに、絶対的な神、理想のSとまじわる幻想を抱く。」

日本のSMについても

「源氏物語は最初の偉大なSM小説といえます。
 光源氏は自分の意思で振る舞っているように見えるのですが、
 じつは、大和朝廷の女の子たちが、読者として集団的に「育てあげた」
 理想のSにほかならない。」

と語っている。
なるほど「SMと神」というのは興味深いテーマである。

天下のトリックスター中村うさぎはその著書の中で
女性は「罰する神」と「赦す神」を求める、と書いている。
「罰せられること」「赦されること」の中心には、
女性の「欲望」=罪悪感が潜んでいると中村は喝破している。

中村うさぎと同様に、厳格なキリスト教の家族環境で育った
女性人気作家アン・ライスも自分のM嗜好をカミングアウトしている。
(SM小説「眠り姫シリーズ」を別名で上梓している)

M女性にとってS男性は「罰する神」であり「赦す神」なのか。
S男性にとってM女性は「赦す神」なのか。

この「SMと神」の問題は奥が深すぎて私ごときでは手に余るが、
さらにじっくり考えてみたいと思う。
  1. 2009/05/02(土) 23:27:36|
  2. 未分類

プロフィール

玄月

Author:玄月
神奈川在住、56歳S♂ ×1
リアル歴20年以上


麻縄緊縛・拘束・鞭・クリップ責め、
女性を意地悪に可愛がることが好き


メール:
thelunaticeclipse@gmail.com
「玄月」でmixi/sniperもやってます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。