FC2ブログ

月蝕圏 <Lunatic Eclipse>  

-闇が光を支配する、日常の裏に潜むひそやかな楽園へ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「SMと神」

tekase

フランス文学者鹿島茂はキリスト教の関わりから、SMを文明史的に考察している。

「SMは、キリスト教が絶対的なものでなくなったときに生まれた。」
「信者は自己処罰の果てに、絶対的な神、理想のSとまじわる幻想を抱く。」

日本のSMについても

「源氏物語は最初の偉大なSM小説といえます。
 光源氏は自分の意思で振る舞っているように見えるのですが、
 じつは、大和朝廷の女の子たちが、読者として集団的に「育てあげた」
 理想のSにほかならない。」

と語っている。
なるほど「SMと神」というのは興味深いテーマである。

天下のトリックスター中村うさぎはその著書の中で
女性は「罰する神」と「赦す神」を求める、と書いている。
「罰せられること」「赦されること」の中心には、
女性の「欲望」=罪悪感が潜んでいると中村は喝破している。

中村うさぎと同様に、厳格なキリスト教の家族環境で育った
女性人気作家アン・ライスも自分のM嗜好をカミングアウトしている。
(SM小説「眠り姫シリーズ」を別名で上梓している)

M女性にとってS男性は「罰する神」であり「赦す神」なのか。
S男性にとってM女性は「赦す神」なのか。

この「SMと神」の問題は奥が深すぎて私ごときでは手に余るが、
さらにじっくり考えてみたいと思う。
  1. 2009/05/02(土) 23:27:36|
  2. 未分類

プロフィール

玄月

Author:玄月
神奈川在住、56歳S♂ ×1
リアル歴20年以上


麻縄緊縛・拘束・鞭・クリップ責め、
女性を意地悪に可愛がることが好き


メール:
thelunaticeclipse@gmail.com
「玄月」でmixi/sniperもやってます

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。